過払い金請求について
image

TOP 交通事故慰謝料 弁護士基準で交通事故の慰謝料が増額するケース

目次

  1. 弁護士基準で交通事故の慰謝料が増額するケース

弁護士基準で交通事故の慰謝料が増額するケース

交通事故の慰謝料は、裁判所の判例を基に算定される弁護士基準用いられます。弁護士基準は、被害者の苦痛や損害に応じて慰謝料を増額するための基準です。

1 増額する具体的なケースとその理由

弁護士基準で交通事故慰謝料が増額されるケースはさまざまです。例えば、以下のようなケースが考えられます。

 まず、入通院慰謝料の増額が挙げられます。通院日数や重症度に応じて算定される入通院慰謝料は、通院の継続期間や治療の労力によって増額される場合があります。弁護士は、具体的な医療記録や証言の調査を行い、増額する根拠を示すことができます。

 さらに、後遺障害慰謝料の増額も考えられます。後遺障害慰謝料は後遺障害等級に応じて算定されますが、症状の軽重や日常生活への影響などによって増額されることがあります。弁護士は、医師の診断書や専門的な知識を活かして被害者の立場を主張し、増額を求めることができます。

 また、死亡慰謝料の増額もあり得ます。死亡慰謝料は被害者の家族や立場に応じて算定されますが、遺族の苦しみや経済的な損失によって増額することがあります。弁護士は、遺族の証言や補償の妥当性を主張することで、増額を実現することがあります。

弁護士の介入により、交通事故慰謝料弁護士基準に則った適正な慰謝料を得ることができます。弁護士の専門的な知識と経験により、相手方との交渉や訴訟において有利な立場を築くことができるのです。

 他方、弁護士を介さないケースでは、自賠責保険基準や任意保険基準に基づいた示談金が示されることが多くあります。これらの基準では、被害者の実際の苦痛や損害を十分に考慮していない場合があります。そのため、弁護士が介入することで慰謝料を増額できる可能性が高まるのです。

 弁護士基準を理解し、弁護士の専門知識を活かすことで、より適正な慰謝料を受け取ることができます。しかし、弁護士を依頼する場合は弁護士費用が発生するため、事前に相談内容や費用について十分に確認することが重要です。

交通事故慰謝料弁護士基準について

交通事故慰謝料に関する記事